[本文へジャンプ]

 住まいを建てる際には、建設・販売事業者をはじめ各種専門工事業者や設備メーカーなど、様々な分野の多くの「住まいのプロ」が関わります。
 住まいの維持管理においては、「住まいのプロ」でなければ解決出来ないことが必ずあります。長く安心して、快適に住み続けるためには、「住まいのプロ」に気軽に相談でき、アドバイスを受けられる関係をつくっておくことが大切です。そうすることで、急なトラブルにもスムーズに対応できるのではないでしょうか。

 しかし残念なことではありますが、「住まいのプロ」が建てた住宅でも不具合が生じることがあります。不具合の原因は、気象条件、材料や施工の問題、住まい手の生活状況など様々です。

 不具合が発生した場合は、「なぜそのようなことが起こったのか」を「住まいのプロ」と一緒に考え、よく話し合いながら解決していきましょう。
 ただし、「誠意のある対応をしてくれない」等、不信感が芽生える状況になった場合は、一度他のプロに相談してみても良いでしょう。

 「住まいのプロ」に困った時に直ぐに連絡できるよう、連絡先一覧表を準備し、いつでもホットラインを開設できるようにしておきましょう。
(参考リンク)

(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター

※ 住まいについての様々な相談を受けています。