[本文へジャンプ]

公開日:2012年10月2日

平成24年10月31日(水)のお申込分をもって【フラット35】Sエコを終了します。
平成24年11月1日(木)のお申込分から、【フラット35】Sの内容が次のとおり変わります。

1 金利引下げプラン

平成24年11月1日(木)のお申込分から、【フラット35】S(金利Aプラン)と【フラット35】S(金利Bプラン)の2つの金利引下げプランになります。
  【変更後】平成24年11月1日以後 【変更前】平成24年10月31日まで
金利引下げプラン 【フラット35】S(金利Aプラン) 【フラット35】Sエコ(金利Aプラン)
【フラット35】Sベーシック(金利Aプラン)
【フラット35】S(金利Bプラン) 【フラット35】Sエコ(金利Bプラン)
【フラット35】Sベーシック(金利Bプラン)

(注)右欄(変更前)の各金利引下げプランの住宅の条件を満たす場合、平成24年11月1日以後のお申込分については、それぞれに対応した左欄(変更後)の金利引下げプランで、【フラット35】Sをご利用いただけます。

2 金利引下げ期間・金利引下げ幅・融資率の上限

金利引下げプラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅 融資率の上限
【フラット35】S
(金利Aプラン)
当初10年間 年▲0.3% 9割
【フラット35】S
(金利Bプラン)
当初5年間

ご注意

【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイト(www.flat35.com)でお知らせします。

【フラット35(保証型)】の融資率の上限は10割です。

【フラット35】Sは新築住宅の建設・購入及び中古住宅の購入の際にご利用いただけます(借換にはご利用いただけません)。

【フラット35】S(金利Aプラン)とは

【フラット35】S(金利Bプラン)とは

【フラット35】Sをご利用いただくには、【フラット35】の技術基準に加えて、【フラット35】Sの技術基準に適合することを証明するために、検査機関による物件検査を受けていただき、適合証明書が交付される必要があります。

【フラット35】S(金利Aプラン)を利用するための住宅の条件

【フラット35】S(金利Bプラン)を利用するための住宅の条件