ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問

フラット35ホーム > 住宅事業者のみなさま > 新築住宅(一戸建て等)の物件検査の概要

ページ本文

新築住宅(一戸建て等)の物件検査の概要

新築住宅(一戸建て等)の物件検査は、次の5種類の手続きがあります。該当するお手続きを選択してください。

通常の物件検査

 

 

 

 

 

「設計検査」、「中間現場検査」および「竣工現場検査」を、所定の時期に行います。

「住宅瑕疵担保保険の現場検査」または「建築基準法の中間検査」を実施する場合の物件検査

【フラット35】の「中間現場検査」を省略できます。
「設計住宅性能評価」または「長期優良住宅」を活用する場合の物件検査との併用も可能です。

「設計住宅性能評価」または「長期優良住宅」を活用する場合の物件検査

【フラット35】の「設計検査」を省略できます。
「住宅瑕疵担保保険の現場検査」または「建築基準法の中間検査」を実施する場合の物件検査との併用も可能です。

「建設住宅性能評価」を活用する場合の物件検査

【フラット35】の「設計検査」および「中間現場検査」を省略できます。

既に竣工してしまった物件の特例的な物件検査

竣工後に、【フラット35】の「設計検査」および「竣工現場検査」を実施します。

住宅事業者のみなさまに戻る

ページ先頭へ