[本文へジャンプ]

職場が変わったのをきっかけに、関東に家を購入
地震に備えて、家選びでは免震構造にもこだわった

ご自宅の写真
以前は北海道に住んでいたのですが、職場が関東に変わったんです。はじめは単身赴任だったのですが、少し経って関東に家を買うことにしました。

そういうきっかけだったので通勤に便利かどうかはもちろん重視しましたが、関東は近いうちに大きな地震があるかもしれないと言われているので、免震構造がしっかりしているかどうかも見ていましたね。

物件は12~13か所ほどは見て回り、自分で評価項目を作って念入りに検討しました。最終的には妻と娘が気に入った物件に決めたので、あまり意味はなかったかもしれませんが(笑)。

家選びは広い視野をもつことが大切
これからの情勢を考えて先の見えやすい【フラット35】を選んだ

ご本人の写真1
家選びは当初から「いい物件がなければ社宅に住めばいい」くらいの気持ちでじっくりと進めていましたが、これがよかったのではないかと思っています。

いい条件で物件を買うには、そのときの世界情勢や助成金などの仕組みも大事になってきますよね。家を買うのを焦っていると、そういう点を見逃してしまいがちです。

ビジョンを広くして、そのときだけでなく今後どうなるかの情報もしっかりと集めておくと、後悔のない選択ができると思いますよ。

ローンを検討するときにも、それは同じです。目先のことを考えれば変動金利型ですごく金利の低いものを選ぶのもいいですが、これからの世界情勢は、やはり右肩上がりなるんじゃないかと思うんです。
そう考えると、全期間固定金利型で先の見えやすい【フラット35】が、私にとってはベストの選択でした。

繰上返済が気軽にできるので、老後の不安も軽減
金利が一定で安心なのもフラット35ならでは

ご本人の写真2
【フラット35】がいいのは、やはり金利の仕組みがわかりやすく、金利が一定で安心なところですね。民間の金融機関の中には多く預金していると金利が優遇されるというものがあったのですが、よくよく調べてみるとデメリットもあったりして。

あとは繰上返済がタダでできるのも、うれしかったですね。将来収入が年金だけになることを考えると少し返済が不安ですが、こまめに繰上返済できる【フラット35】なら、そういった不安もやわらぎます。

今では「住・My Note」を使えば、現金に一切触らずにWeb上で繰上返済ができますよね。最初は半信半疑でしたが、安全に、しかも手数料なしで振り込めるのは、とてもいいと思います。