[本文へジャンプ]

こだわりは、火事にも地震にも負けない家
後悔したくないから、すべて実現した

家を買おうというのは、以前から決めていました。娘たちの勉強部屋や収納を考えると、やはり建てたいなと。長年の夢が実現できたので、本当によかったと思っています。

住宅展示場をあちこち回るのが趣味だったので、「買うならこういう家」というイメージは固まっていました。悩んだのはむしろ土地のほう。たまたま駅から近く、娘たちの学校区も変わらなくて済む土地が見つかったのでよかったです。それで家族のGOサインが出て、あとはトントン拍子に進みましたね。
ご自宅の写真
個人的には、自治会長や避難教育会長、消防団などをやっていたこともあり、火事があっても絶対に燃えない、地震があっても倒壊しない家がいいというのが大前提としてありました。

設備にも徹底的にこだわりました。3階建てでオール電化、太陽光発電、PV搭載、涼風制御システム、車いす対応ホームエレベーター、1階蓄熱暖房機付きで、満足しています。

家を建てるとき、後づけできるものとできないものがありますよね。インテリアなどは後からでも買い足せますが、ホームエレベーターや太陽光発電はそういうわけにいきません。
注文住宅だといろいろ迷うこともあると思いますが、後づけできないものはすべて最初から実現するというのも、後悔がなくていいと思いますよ。

返済期間を短くして、当初10年間金利が低くなる
【フラット35】S(金利Aプラン)に

インタビュー風景
そんな贅沢をしてしまいましたが、うちは長期優良住宅だったので、国の優遇制度を活用して購入することができました。また、頭金を十分に用意していたので、借入れは少なく済みました。

借入額が比較的少なかったこともあり、返済期間はより金利の低い20年以下に。さらに当初10年間は金利が低くなる【フラット35】S(金利Aプラン)を選んだことで、一番よい組み合わせで借り入れできたのかもしれません。

金利を低く抑えたことで月々返済する元金の割合が多くなったので、本当に助かっています。

さらに進化した【フラット35】
Web上で繰上返済や残高確認できるのも、手軽でいい

実は私は、20年前に住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)から住宅ローンを借りました。その頃と比べて、今はさらに使いやすくなっているというのが実感ですね。

たとえば「住・My Note」を使えばWeb上で一部繰上返済ができるので、本当に楽です。以前なら銀行の店頭に出向いて手続をしていたものですが、それがすべてWeb上で終わってしまうのですから、ありがたいです。
ご本人の写真
「住・My Note」では残高もこまめに確認できるので、これも重宝しています。一刻も早く完済したいので、日々チェックしているんです。

今は20年前と比べて金利水準が低いので、元金もみるみる減ります。ボーナス返済分を一括返済したときなど、残高が減ったことが目に見えてわかるので、励みになりますね。

家は大きい買い物なのでローンが必須ですが、無理することは決してない、というのが私の考えです。金融機関の審査が通らなければ、それはまだ資金力が足りないということ。タイミングを待ってから購入に踏み切ったほうが気持ちにも余裕が出て、いい選択ができると思いますよ。