[本文へジャンプ]

子どもが生まれるタイミングで家を購入
休日は海沿いの道をドライブ

ご自宅の写真
今の家は、子どもが生まれるタイミングで買いました。それまで住んでいたアパートは1LDKであまり広くなく、子どもが生まれたら手狭になると思ったからです。

子どものことを第1に考えて、自然豊かな環境で、妻の実家に近い戸建ての物件を探しました。購入した家は新築の建売なのですが、一目見たときから気に入りましたね。

吹き抜けがリビングにあって、階段から2階が見渡せるんです。家全体が明るい雰囲気なのも好きですね。そんな感じだったから、すぐに購入を決めました。

海が近いので、休日は海沿いの道をドライブしています。私も妻も、自然豊かな環境に囲まれて暮らすことで、気持ちにゆとりが出てきたように思います。

本当にいろいろ検討した住宅ローン
全期間固定金利型の安定感が決め手

予算については、無理なく返済できるということを一番に考えて決めました。事前にシミュレーションをするときは、賃貸住宅に住んでいたときの家賃と比べて毎月の負担がそれほど変わらないようにということも、気をつけました。

住宅ローンは組んだらもう引き下がれないから、どうしても不安はありますよね。だから変動金利型も含めて、本当にいろいろと検討しました。
インタビュー風景
【フラット35】については、勤務先の会社に利息補填の制度があるので、以前から知っていました。

全期間固定金利型というのは、やっぱり大きかったですね。金利が上がった下がったとドキドキするのもイヤだったし、返済を終えるまで安心していたかったんです。

いろいろ検討して住宅ローンを決めたおかげで、今は賃貸住宅に住んでいたときと比べて負担が増えた感じもなく、自然に返済できていますね。

【フラット35】S(金利Aプラン)を利用しました
高性能住宅をお得に購入できて大満足

ご本人の写真
気に入った住宅がたまたま【フラット35】S(金利Aプラン)の対象だったというのは、うれしい誤算。当初10年間、通常の【フラット35】よりも低い金利で返済できます。

ペアガラスや断熱材が利用されているということで、結果的に性能が良いエコな住宅にも住めてうれしかったですね。