[本文へジャンプ]

融資手続 - 住宅事業者により性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合(買取再販タイプ)

融資手続の流れ

(注1) 上図は、一般的な手続の流れを示しています。「事前確認」を省略し、「リフォーム工事計画の確認」をリフォーム工事実施後の「適合証明検査」の際に、併せて行うこともできます。

(注2) 借入申込みは、【フラット35】の取扱金融機関となります。

事前確認/リフォーム工事計画の確認/適合証明検査

住宅事業者において、事前確認等の手続を行い、リフォーム工事後の中古住宅について、【フラット35】および【フラット35】リノベの技術基準に適合していることを適合証明検査機関が確認します。

借入申込み/審査結果のお知らせ

お客さまから【フラット35】の取扱金融機関へ借入れのお申込みをしていただきます。金銭消費貸借契約手続時までなど、取扱金融機関の定める時期までに適合証明機関が発行する適合証明書を提出してください。

通常のお申込書類に加えて、下記書類の提出が必要となります。

(参考)お申込みにあたっての共通書類

借入れの契約/資金実行

お客さまと取扱金融機関との間で、融資のご契約を行っていただき、資金をお受取りいただきます。同時に抵当権設定手続も行っていただきます。

【フラット35】リノベの技術基準・
物件検査のお問い合わせ

【フラット35】リノベ技術サポートダイヤル

営業時間:9:00~17:00
(土日、祝日、年末年始は休業)

0120-689-520

ご利用いただけない場合(国際電話など)は、次の番号におかけください。
電話:03-5800-8163(通話料金がかかります。)