[本文へジャンプ]

【フラット35】の大きな魅力「4つのメリット」をご紹介します。

  • ずっと固定金利で安心
  • 質の高い住宅取得を金利引下げで応援
  • 保証料0円、繰越返済手数料0円
  • ご返済中も安心サポート

[1]ずっと固定金利の安心

資金受取時に返済終了までの借入金利と返済額が確定します。
返済中に市場金利が上昇し、その時点の【フラット35】の借入金利が上昇した場合でも、資金受取時に確定した借入金利で返済を継続できます。
ただし、返済中に市場金利が低下し、その時点の【フラット35】の借入金利が低下した場合でも、資金受取時に確定した借入金利で返済が続くことになります。

住宅ローンの金利タイプ

固定金利 変動金利
全期間固定金利型 変動金利型 固定金利期間選択型
特徴

借入時に返済終了までの
借入金利が確定するタイプ

金融情勢の変化に伴い、返済の途中
でも借入金利が変動するタイプ

「当初○年間○%」等、一定期間、
固定金利が適用されるタイプ

メリット
  • 借入時に返済期間全体の返済額が確定できる。
  • 借入後に市場金利が上昇しても返済額は増加しない。
  • 借入後に金利が低下すると返済額が減少する。
  • 固定金利期間中は返済額が確定できる。
  • 固定金利期間終了後に金利が低下すると返済額が減少する。
デメリット
  • 借入後に市場金利が低下しても返済額は減少しない。
  • 借入後に金利が上昇すると返済額が増加する。
  • 借入時に将来の返済額が確定しないので返済計画が立てにくい。
  • 借入後に金利が急上昇した場合、未払利息が発生する場合がある。
  • 固定金利期間終了後に金利が上昇すると返済額が増加する。
  • 借入時に固定金利期間終了後の返済額が確定しないので返済計画が立てにくい。
高田晶子先生

ファイナンシャルプランナーが解説「こんな人には全期間固定金利型がオススメ」

住宅ローンを借り入れする時の最大の悩みと言っても過言ではないのが金利タイプ選び。金利タイプは何を基準に決めたら良いのでしょうか?その中でも全期間固定はどのような人に向くのか考えてみましょう。
(解説:ファイナンシャルプランナー 高田晶子)

固定金利だからできる資金計画で、ライフプランを含めた資金計画シミュレーションをしてみよう!

資金計画シミュレーション

[2]質の高い住宅取得を金利引下げで応援

省エネルギー性・耐震性等、質の高い住宅を取得する場合に、金利を一定期間引き下げる制度【フラット35】Sにより、住まいづくりを応援します。

省エネルギー性

バリアフリー性

耐震性

耐久性・可変性

【フラット35】S

【フラット35】 ※をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅を取得される場合に、 借入金利を一定期間引き下げる制度です。

※【フラット20】などを含みます。

金利引下げプラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅

 【フラット35】S(金利Aプラン)
 

 当初 
10年間

 年▲0 .25%

 【フラット35】S(金利Bプラン)
 

当初
5年間

また、性能向上リフォームにより、住宅性能を向上させた中古住宅を取得する場合等には、金利を一定期間引き下げる制度【フラット35】リノベをご利用いただけます。

【フラット35】リノベ

中古住宅取得と性能向上リフォームのセットで一定期間金利引下げ

金利引下げプラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅

【フラット35】リノベ(金利Aプラン)

当初10年間

【フラット35】
借入金利から
年▲0.6%

【フラット35】リノベ(金利Bプラン)

当初5年間

[3]保証料0円、繰上返済手数料0円

保証料

住宅ローンの借入れに当たって
一般的に必要となる保証料はかかりません。
保証人も必要ありません。

繰上返済手数料

返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料はかかりません。

¥0¥0

※ 融資手数料、抵当権設定費用(登録免許税、司法書士報酬等)、物件検査手数料、火災保険料等はお客さま負担となります。

※ 一部繰上返済の場合、繰上返済日は毎月の返済日となります。また、返済額は、お客さま向けインターネットサービス「住・My Note」(すまい のーと)利用の場合は10万円以上、金融機関窓口利用の場合は100万円以上となります。

[4]ご返済中も安心サポート

お客さまに万一のことがあった場合に備えて、新機構団信や新3大疾病付機構団信をご用意しています。
また、多様な返済方法変更のメニューをそろえ、お客さまからの返済のお悩みに対して、事情に合った返済方法をご提案します。

新機構団体信用生命保険制度

【フラット35】の団体信用生命保険は、ご加入者が死亡・所定の身体障害状態になられた場合などに、住宅金融支援機構に支払われる保険金が債務に充当されるため、住宅の持ち分、返済割合などにかかわらず、以後の【フラット35】の債務の返済が不要となる生命保険です。
万一加入されていない方がお亡くなりになった場合は、相続される方が【フラット35】の返済を引き継ぐことになります。
残されたご家族に大切なマイホームを残すための備えとして、多くの方にご利用いただいている新機構団体信用生命保険制度にぜひご加入ください。

多様な返済方法変更のメニュー

住宅ローンは返済が長期にわたるため、その間に、「まとまった余裕金ができた」、「子供の進学で一時的に支出が増えた」といった、日常生活の状況や収入などに変化が生じることがあります。
お客さまの生活に起こるさまざまな変化に柔軟に対応するため、タイプ別の返済方法変更のメニューを用意し、返済終了まできめ細やかにサポートしています。

住・My Note ~返済中のお客さま向けインターネットサービスのご案内~(登録無料)

「住・My Note」は、【フラット35】をご利用のお客さまが、インターネットで住宅ローンの借入金残高照会や一部繰上返済のお申込み、住まいのお手入れ情報の閲覧等を行えるサービスです。

サービスメニュー

  1. 1.ご契約情報の照会
  2. 2.お借入金残高の照会
  3. 3.繰上返済シミュレーション
  1. 4.一部繰上返済のお申込み
  2. 5.書類の発行依頼
  3. 6.お役立ち情報の閲覧