[本文へジャンプ]

【フラット35】借換融資は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して、みなさまに提供している全期間固定金利住宅ローンです。全期間固定金利の住宅ローンへの借換えなら、将来を見通した長期にわたるライフプランを立てやすくなります。

現在【フラット35】を利用している方も、【フラット35】から【フラット35】借換融資への借換えが可能です。

【フラット35】借換融資の特徴

ずっと固定金利の安心

返済中に市場金利が上昇した場合でも、資金受取時に確定した借入金利で返済を継続できます。

保証料0円、繰上返済手数料0円

住宅ローンの借入れに一般的に必要となる保証料や保証人は必要ありません。また、繰上返済や返済方法の変更等を行う場合も手数料はかかりません。

※注意事項については、こちらをご覧下さい。

ご返済中も安心サポート

団体信用生命保険にご加入のお客さまに万一のことがあった場合は、住宅金融支援機構に支払われる保険金が債務に充当されるため、以後の【フラット35】の債務の返済が不要となります。

※注意事項については、こちらをご覧下さい。

こんな方に向いています!

現在【フラット35】以外の
住宅ローンをご利用の方

  • 現在の金利水準で借入金利を固定したい方
  • 安定した返済計画を立てたい方

現在【フラット35】をご利用の方

  • 【フラット35】Sを利用していて、金利引下げ期間が終了する方
  • 【フラット20】の金利を適用したい方(※)

※【フラット20】とは、【フラット35】のうち、15年以上20年以下の借入期間を選択していただく場合をいいます。

主なご利用条件 ご利用条件を詳しく見る

お申込みいただける方

  • 原則として、借換対象となる住宅ローンの債務者の方。ただし、借換えに伴い債務者を追加することができます(債務者の人数は、2名までです。)。
  • 住宅取得時に借り入れた住宅ローンの借入日(金銭消費貸借契約締結日)から借換融資の申込日まで1年以上経過しており、かつ、借換融資の申込日の前日までの1年間、正常に返済している方

資金使途

  • 申込みご本人が所有し、かつ、ご本人又はご親族がお住まいになる住宅のための住宅ローンの借換え
  • リフォームのための住宅ローン及び多目的ローンや投資用ローン等の住宅ローン以外のローンの借換えには利用できません。

対象住宅・対象住宅ローン

  • 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅
  • 住宅取得時に借り入れた住宅ローンの借入額が8,000万円以下で、かつ、住宅の建設費又は購入価額の100%以内であること。
  • 住宅の建設費又は購入価額が1億円以下であること。

ご利用の流れ

STEP1

借換融資の検討

まずは現在返済中の住宅ローンを借り換えるか検討しましょう。

STEP2

「金融機関」と「商品タイプ」の選択

「金融機関」と「商品タイプ」の選び方には3つのポイントがあります。返済計画等に合わせて選択しましょう。

STEP3

借換融資の手続

借換えに必要な手続を確認しましょう。

ご契約者さまの声 ご契約者さまの声一覧へ

ファイナンシャルプランナーが解説「借換えにも【フラット35】」

高田晶子先生

住宅ローンの返済中には、世の中の状況だけでなく、自分や家族の状況も変化していきます。住宅ローンも折に触れて見直しをすることで生活に合った返済、より有利な返済が可能になります。見直しの方法の一つが借換えです。
(解説:ファイナンシャルプランナー 高田晶子)