[本文へジャンプ]

住宅ローンは、とても大きな金額となるため、30年、35年といった長い期間をかけて返済をするのが一般的です。

返済期間を決める際は、退職時の年齢までの期間としたり、退職後も返済が継続する場合は、繰上返済により退職後の返済額を減らすことを考慮する必要があります。

また、住宅ローン商品により、返済期間・完済時年齢が異なりますので、ご自分の返済計画に合うものを選びましょう。

〈ポイント1〉返済期間(最長何年借りれるか)

フラット35、財形融資(リフォーム除く)の最長返済期間は35年、民間ローンも35年のものが多いようです。

〈ポイント2〉完済時の年齢(何歳までに返さなければならないか)

フラット35や財形融資では80歳としており、融資申込時の年齢から80歳となるまでの期間が最長の返済期間となります(最長期間は35年)。

また、一般的に民間ローンの方が、フラット35よりも低い年齢を設定されていることが多いようです。