ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問

印刷用ページ

フラット35ホーム > これまでの商品改善 > 設計図書がない木造中古住宅の耐久性基準に関する審査について

ページ本文

設計図書がない木造中古住宅の耐久性基準に関する審査について

耐久性があると見込まれるにもかかわらず、耐久性基準を確認する設計図書等が保管されていないために【フラット35】の適合証明申請を行えないケースがありましたので、平成18年7月1日より設計図書等による耐久性基準の確認ができない場合の審査方法を新たに定めました。
この審査方法は、平成18年7月1日以降に物件検査の申請を行ったお客さまから適用になります。
この審査方法をご利用いただける住宅の条件
  • 木造住宅又は枠組壁工法住宅であること
    丸太組構法住宅はご利用いただけません。
    耐火構造及び準耐火構造の住宅は耐久性基準の確認は不要です。
  • 一戸建て又は連続建ての住宅であること
  • 小屋裏点検口及び床下点検口が設けられていること
    その他小屋裏や床下に通じる開口部が設けられていることでも可能です。

耐久性基準に関する審査方法の概要

設計図書の有無に関わらず必ず行う現地確認項目
  設計図書がある場合 設計図書がない場合
  現行の審査方法 今回設定した現地における審査方法
土台 ヒノキ・ヒバ等の耐久性の高い樹種や防腐・防蟻薬剤処理された材料を使用していること等を図面で審査
  • 床下点検口等から目視により土台及び周辺に腐朽等及び蟻害がないことを確認
    ※床下点検口以外の場合には北側や水回り周辺の基礎換気孔より確認
床下換気

防湿等
新築時に床下防湿・土壌処理されていること等を図面で審査
  • 床下点検口等から目視又は触診により木材に腐朽等及び蟻害がないことを確認
  • 点検口等の床下部分の木材を手で触り、水分が手につく程度濡れていないことを確認
小屋裏換気 小屋裏換気孔の有効面積が天井面積の1/300※以上であること等を図面で審査
※換気方法によって比率は異なります。
  • 小屋裏点検口等から目視又は触診により木材に腐朽等及び蟻害がないことを確認
  • 点検口等周辺の小屋裏部分の木材を手で触り、水分が手につく程度濡れていないこと又はカビが付着していないことを確認
●このほか外壁軸組及び浴室・脱衣室の軸組等の防腐・防蟻措置についてもそれぞれの審査方法による確認を行います。

耐久性基準以外についての審査方法は従来のとおりです。

これまでの商品改善に戻る

これまでの商品改善

お気に入りページ

    お気に入りページ一覧 このページを登録する

    ページ先頭へ