ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問

印刷用ページ

フラット35ホーム > これまでの商品改善 > 4月から【フラット35】で3大疾病付機構団信の取扱開始 ~死亡・高度障害状態に加え、3大疾病の場合も保障~

ページ本文

4月から【フラット35】で3大疾病付機構団信の取扱開始 ~死亡・高度障害状態に加え、3大疾病の場合も保障~

住宅金融公庫
財団法人公庫住宅融資保証協会


独立行政法人住宅金融支援機構(注)は、平成19年4月から、新たに「3大疾病保障付機構団体信用生命保険」(略称:3大疾病付機構団信)の取扱いを開始いたします。


これは、現在、民間金融機関との提携による最長35年長期固定金利住宅ローン【フラット35】に付帯している「団体信用生命保険」(死亡・高度障害状態を保障。費用はお客様負担)の保障内容を更に充実させ、新たに3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)も保障する商品で、お客様のご希望によりご加入いただけます。


「3大疾病付機構団信」をご利用になる場合は、所定の加入資格を満たした方が、所定の団信特約料(お客様負担)をお支払いいただくことにより、これまでの死亡・高度障害状態に加え、「がん」と診断された場合や、「急性心筋梗塞」・「脳卒中」を発病し60日以上所定の状態が継続したと診断された場合に、保険金が支払われ、残債務を弁済するものです。


独立行政法人住宅金融支援機構(注)は、お客様の立場でサービスの向上につとめて参ります。「3大疾病付機構団信」の概要は次頁以降をご参照ください。


(注) 住宅金融公庫(総裁:島田 精一、本店:東京都文京区後楽1-4-10)及び財団法人公庫住宅融資保証協会(理事長:髙橋 進、本部:東京都文京区後楽1-4-10)は、平成19年4月から、統合して、独立行政法人住宅金融支援機構に生まれ変わります。

<「3大疾病保障付機構団体信用生命保険」の概要>

1.基本的仕組み

債務者の死亡・高度障害状態のみを保障していた団体信用生命保険の保障範囲を拡大し、債務者が3大疾病付機構団信に加入した場合、死亡・高度障害状態に加え、3大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)を原因として所定の支払事由に該当したときに保険金が支払われ、残債務を弁済するものです。

2.主な概要

項目 内容
名称 3大疾病保障付機構団体信用生命保険
(略称:「3大疾病付機構団信」)
対象融資 フラット35(買取型)
加入資格
  • 告知日現在の年齢が、満15歳以上満51歳未満であること
  • 引受生命保険会社の加入承諾があること
3大疾病の保障終了年齢
  • 満75歳の誕生日の属する日の月末まで
  • なお、満75歳の誕生日の属する月の翌月1日から満80歳の誕生日の属する月の末日までは、3大疾病部分を除いた死亡・高度障害状態部分の保障が継続
告知方法
  • 保険金額が3千万円以下の場合は、告知書扱い
  • 保険金額が3千万円超の場合は、告知書に加え、医師による所定の「健康診断結果証明書」も必要
最高保険金額 1億円
団信特約料
  • 初年度特約料は、借入金額1,000万円あたり年54,700円(年払い)
  • ただし、2年目以降の特約料は債務残高の減少に応じて算出
取扱開始日 平成19年4月1日以降にフラット35を申込みするお客様から適用
留意事項
  • 「3大疾病付機構団信」への加入後は、「機構団信」(死亡・高度障害のみを保障)に変更することは不可
  • 「機構団信」への加入後は、「3大疾病付機構団信」に変更することは不可
保障内容
死亡保険金 保険期間中に死亡したとき
高度障害保険金 保障開始日以後の傷害又は疾病により、保険期間中に所定の高度障害状態に該当したとき
3大疾病保険金
  1. がん
    保険期間中に、所定の悪性新生物(がん)に罹患したと医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定されたとき。ただし、以下の場合には保険金は支払われない。
    保障開始日前に所定の悪性新生物と診断確定されていた場合
    保障開始日からその日を含めて90日以内に所定の悪性新生物と診断確定された場合
    保障開始日からその日を含めて90日以内に診断確定された所定の悪性新生物の再発・転移等と認められる場合
    なお、所定の悪性新生物には、上皮内がんや皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは含まれない。
  2. 急性心筋梗塞
    保障開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断されたとき
  3. 脳卒中
    保障開始日以後の疾病を原因として、保守期間中に脳卒中を発病し、その脳卒中により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき

<機構団信制度の仕組み>

この制度は、【フラット35】(長期固定金利住宅ローン(買取型))をご利用される方に対する団体信用生命保険です。平成19年4月から独立行政法人住宅金融支援機構が保険契約者及び保険金受取人となり、債務者を被保険者(加入者)とする団体信用生命保険契約を生命保険会社との間に締結し、生命保険会社から支払われる保険金によって、残債務を弁済するものです。  この制度は、機構団信(死亡・高度障害状態のみを保障)と、3大疾病付機構団信(死亡・高度障害状態に加え、3大疾病を保障)の2つの商品を取り揃えており、お客様のご希望によりいずれかにご加入いただけます。

フラット35における団信制度の仕組み

フラット35における団信制度の仕組み:イメージ図
一般の方からのお問い合わせ先
財団法人公庫住宅融資保証協会お客様サービスセンター
電話:03-5800-8400

これまでの商品改善に戻る

これまでの商品改善

お気に入りページ

    お気に入りページ一覧 このページを登録する

    ページ先頭へ