[本文へジャンプ]

<省令準耐火構造>
最上階の天井裏に小屋裏収納をつくります。その場合の小屋裏収納直下の天井は「上階に床が『ある/ない』部分の天井」のどちらを適用するのですか?

Q&A番号:09932

建築基準法上、階とみなされる小屋裏収納の場合は、「上階に床がある部分の天井」とし、階とみなされない小屋裏収納の場合は、「上階に床がない部分の天井」とします。なお、小屋裏収納部分の壁や天井にも、規定どおりの防火被覆が必要です。

フラット35サイト「省令準耐火構造の住宅とは」

このよくある質問は、役に立ちましたか?