[本文へジャンプ]

<省令準耐火構造>
火災保険の取扱いに関連して、自宅が省令準耐火構造かどうかを調べたいのですが、機構の省令準耐火構造は、いつからあったのですか?

Q&A番号:08953

枠組壁工法については、昭和57年に「簡易耐火構造に準ずる構造」として位置付け、枠組壁工法住宅工事仕様書に仕様を掲載しました。
(その後、建築基準法改正により「簡易耐火構造」が「準耐火構造」となったこと(平成5年)に伴い、省令準耐火構造という名称になりました。)

また、在来木造軸組工法については、当初、個別の承認手続が必要でしたが、平成21年から、個別の承認を必要としない基準を制定しました。木造住宅工事仕様書へは、平成22年から仕様を掲載しています。

なお、火災保険における省令準耐火構造の住宅の取扱いについては、各保険会社へお問合せください。

フラット35サイト「省令準耐火構造の住宅とは」

このよくある質問は、役に立ちましたか?