[本文へジャンプ]

機構財形融資と併せて利用する場合、抵当権の取扱いはどうなりますか。

Q&A番号:05655

融資の対象となる住宅及び敷地について、フラット35が第1順位、機構財形住宅融資が第2順位となるように抵当権を設定していただきます。

このよくある質問は、役に立ちましたか?